よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

出版不況と言われるので、マネタイズについて勉強しました。

5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die? 作者: 佐々木紀彦 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2013/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 出版やメディアの現状について知りたいと思い、読みました。 この本、出版された…

未熟者はドラクエから学ぶ。そうだ、英語やってる場合じゃなかった。

ドラクエⅢです。 懐かしいですね。 僕が初めて買ったゲームです。 自分で名付けた勇者(主人公)の名もおぼえています。 「そうえあ」 なぜこの名前にしたのか… ご存知ない方に説明すると、ドラクエⅢには、それまでになかった面白いシステムがあります。それ…

一人で居酒屋で飲んだら楽しくなかった。もうしません。

週末ですね。 土日がお休みの皆さまは、お疲れ様でした。 金曜日の夜を、いかがお過ごしでしょうか? 僕は今日の夕方、とある出版社にお邪魔し、某誌の編集長の方にお会いしました。 先日、僕がライターとして独立予定する旨ブログに書いたところ、心配をい…

僕と弟だけが「カタい」職を選んだ理由

親戚の中で僕と弟だけが上京し、割とカタい感じの仕事を選んでいます。 僕は国家公務員になり、弟は生保関係の上場企業の総合職に就職しました。 その一方、いとこは、料理人や、建築の仕事や、看護師さんとして働いています。 大変なこともありそうですが、…

残る有休は約50日。どう使う?フィリピン留学について考えてみた。

有休休暇って、どのように使われていますか? 僕の場合、主に、 ・ 年末年始やお盆時期の休み ・ 自分自身や家族の急な病気への対応 ・ 子どもの学校行事の出席 という3パターンで利用しています。 それなりに計画的に利用しているのですが、たいていは、年…

「やりがいのある仕事」という幻想~働くことについて考えてみる~

僕の仕事に対する第一原理というのは、これまでに幾度も書いているが、つまり、「人は働くために生きているのではない」ということだ。 最近キャリアチェンジ向けて動いていて、気持ちも高まっているわけですが、ここらであえてクールダウンさせようと思いま…

人生は半月もあれば好転する!「すぐやる」ことのススメ

最近、人生がグイグイ変化しているのを感じています。 ちょっと、信じられないような状況が続いているんです。 新たな出会い、新たな経験、感情の変化… しかも、その変化の全てがとてもポジティブなものなんです。 ここで、少しだけ身の回りの変化を振り返っ…

地元福岡が今おもしろくなってる!~PRのできるライターを目指して~

上京しても気になる地元福岡のこと 東京に出てきて10年以上です。 地元福岡のことを考えることは、実はあまりなかったのですが、たまに帰省した時に、「子どもがいないな」と感じることがありました。子どもの頃に遊んでくれた方も高齢化が進んでいます。 …

外国人のよくしゃべる電子ブックリーダーが捨てられない

現在のところ、kindleでダウンロードをした電子書籍は379冊とのことです。 (電子書籍でも、数える時は「冊」でいいそうです。) 購入履歴を見てみたところ、最初にダウンロードしたのが2010年11月。 ジェーンオースティンの「Pride and Prejudice」でした。…

退職の希望を申し出て一夜が明けたら、少しセンチメンタルな気持ちになる。

職場に退職の希望を告げて1日が経ちました。 あいかわらず、やるべき仕事は多く、 ひとつひとつ仕事を進める間に、時間は過ぎていきます。 今日は会議のセッティングや会場運営の仕事があったので、本当にバタバタ。 昨日、退職の話をしたことが現実ではな…

今日、職場に退職を願い出ました。その時上司はどう答えたか?

職場を辞めたこと、ありますか? 僕はありません。 大学新卒で今の職場に入り、10年超なのですが、割と安定した会社ということもあり、退職といえば、定年退職か、寿・出産退社くらい。 その他の事情で中途退職する人は、まわりにもいませんでした。 そんな…

ブログを書くなら、この本は必読です!~立花岳志「ノマドワーカーという生き方」~

ブログを初めて10日ほど経ちました。 日々少しずつアクセスをいただいているようで、PVは500を越えました。 今後も、まだまだ書きたいことはたくさんありますし、 もっと多くの人に読まれ、愛されるブログにしたいと思っています。 では、そのために何を…

読書しながら運動して汗をかきましょう。

真夏の運動って、辛すぎる 昨年からジョギングを始めました。 そもそもは運動嫌いなんですが、誘われて続けるうちにジョギングが楽しくなってきたんです。 2年前だったら、100m以上走るなんて考えられん!と思っていましたが、 今では10kmくらいなら、あ…

月曜日の朝が憂鬱なので、仏教の長老の言葉に頼ってみる

月曜日の朝ですね。 多くのサラリーマンの方が、少しブルーな気持ちになっていることでしょう。 僕もそうです。 特に今の仕事が嫌なわけではありません。 それほど負担もありませんし、きっと今日の午後にはそんな憂鬱さも忘れて、仕事に追われて集中してい…

世界中を歩き回りたいのに家を出たくない日はこれ~Panoramioが面白い~

Googleのサービスを見ていたら、こんなのを見つけました。 Panoramio - Photos of the World Googleマップと連携されているようですが、 世界中の風景写真がシェアされています。 地図から探したり、レコメンドで出てくる写真をクリックしている…

日曜日に、自分が死ぬ日のことを考えてみる

「こういう考えを出発点にしよう。誰でもいずれ死ぬことはわかっているのに、誰もそれを信じない」 自分の子が生まれてからでしょうか、何の前触れもなく、頭に「死」が浮かぶことがあります。 幸い、僕は大きな病気になることもなく、安全な環境で生活して…

Kindle Unlimited(読み放題)は必ずハイライトすべし!過去の読書を消さないために

Kindle Unlimited(読み放題)の紹介ばかりしている気がしますが、 今日は利用に当たっての注意点と、その対策についてお知らせします。 問題1 解約の仕方が分かりにくい これは、さすがに商売ということなんでしょうか。 無料期間の広告ページからの利用開…

Kindle Unlimited(読み放題)で21冊読んだので、継続利用することにしました。

Kindle Unlimited(読み放題)の無料試用期間が終わりそうですが、継続して利用することにしました。 以前の記事で、「読書量が倍増しそう」という記事を書きましたが、 yoshkob.hatenablog.com これは本当にその通りになりました。 8月3日から利用開始し…

ストーリーテリングを使いこなすライターになるために

企業とストーリーテリングのオイシイ関係 今週は、ライティングの未来を感じるイベントに参加してきました。 peatix.com このイベントでは、企業PRにおけるストーリーテリングの大切さや、そうしたストーリーを引き出すための取材やライティングのポイントな…

音痴すぎて笑われていた僕が、今は歌が上手いと言われる理由

カラオケ、お好きですか? カラオケ、僕は割と楽しめる方です。 最近では、機会も減りましたが、 学生の頃は友達に誘われてよく行っていました。 今でもたまに、飲み会の後の二次会でカラオケに行きます。 マイクをできるだけ放したくない人 自分では歌わず…

Kindle Unlimited(読み放題)は、最高の英語学習教材になりうる

Kindle Unlimited(読み放題)は本の選択肢が少ない? 先日のブログで紹介したKindle Unlimited(読み放題)。 読書好きにとっては、本当に楽しくお得なサービスです。 yoshkob.hatenablog.com でも、読み放題の場合、選択肢がやや少ない感じがしますね。 そ…

いい文章ってどうやって書けばいい?分からないので聞きに行ってきました!

誰にも意図が伝わらない文章を書いていませんか? 自分の書いたブログやFacebookの投稿を読み返して、ふと思うことがあります。 それは、 この文章の意図って何だったっけ?ということです。 文章を書く前には、何らかの意図があるはずなんです。 僕の場合、…

会社員から独立したい?だったら社会保険料について知りましょう。

会社員とフリーランスの社会保険料は全然違う! 会社員がフリーランスになる場合、収入が落ちる不安がありますよね。 そもそも売り上げがどれくらい出せるのか読めませんし、 お店を始める方なら、会社員の時とは違って、経費が必要になる。 でも、そうした…

Kindle Unlimited(読み放題)で読書量が倍増しそう。

Kindle Unlimited(読み放題)をご存知でしょうか。 今月から始まったサービスなんですが、 電子書籍の一部が読み放題になるということで、さっそく利用しています。 利用料は月額980円ですが、初月は無料です。 単に元を取るという観点からすると、980円く…

生き残りたいのです、僕は。危機を前提にしたサバイバル戦略。

人間である以上、不安は常にありますよね。 突然病気になってしまったらどうしよう。 収入がなくなってしまったらどうしよう。 パートナーがいなくなったらどうしよう。あとは…何だろう? 書いてみると、不安のバリエーションって意外と少ないですね。 それ…

自分ひとりの部屋を持つ幸せ

自分だけの部屋ってありますか? 僕はマンションに1つ、自分だけの部屋があります。 中には書棚とクローゼットと机があります。 読書をしたり、文章を書いたりするのは、たいていこの部屋の中です。 あとは、一人でぼーっとしたり、居眠りをしたり。 自由を…

ブログを始めました。自分になるために!

はじめまして! 小林由嵩(こばやし よしたか)と申します。 今日はブログを開設しました。 なぜ、ブログを書くのか? それは、あるテーマに沿った文章を継続して書いてみたいという思いからです。 以前もブログは書いていたのですが、特にテーマはなかった…

早起きは最高の習慣~あれこれ試した結果~

社会人になると、時間の大切さを感じますよね。 とくに30代になってからは、やるべきことがたくさんあるので、自分の活動をするための時間を確保したい。 ということで、早起きの習慣をつけたいと思い、ここ数年試行錯誤していました。 昔からよく寝る子だ…

先延ばしの後悔について

今日はとても風が強い。 こんな日には家にいるのが一番だと思っているけれど、今日は出かけた。髪を切りに出かけたのだ。 最初に髪が伸びてきたなと思ったのは先週末のことで、それを何やら自分に言い訳しながら、今日まで引き延ばしてきたのだ。そしてこん…

多忙の暇の間にあって

今日は疲れる一日だった。 僕の仕事は、基本的には暇だと感じることが多い。 デスクに座り、書類を分析したり、文章を書いたり、調べものをしたり。基本的には自分のペースで仕事ができる。 それでも時々は、忙しくなることがある。なんだか、世界が突然僕の…

毎朝書くことにしてみよう

今は朝の5時25分 いつもならモーニングページとして、文章を打ち込み、それで終わりにするところだけど、今日からはそれを公開する。少し不思議な感覚だ。 約10年前にブログを書いていて、それはこのブログにも過去エントリーとして取り込んでいる。 あの頃…

岡本太郎の恋愛観「全身をぶつける」

岡本太郎さんの言葉は、何度読んでも勇気をもらえます。 世間のルールやしがらみなんか蹴っ飛ばして、自分自身として戦うという気持ちになってきます。 それでは、このブログのテーマと合わせて、いくつかの素敵な言葉を引用します。 自分が何か充ち足りてい…

ヒップな生活革命を、日本でも

佐久間由美子さんによる「ヒップな生活革命」を読みました。 アメリカで、生き方について考え直している人が増えているようです。 既存の大量消費を否定し、価値観に大きな変化を起こしている。 でも、その変化は、破壊や闘争ではなく、もっと穏やかなものの…

読み込んでいます...

ノヴァーリスが死んだ日に

ノヴァーリスという作家に対する憧れはいつからだったろう 「ドイツロマン派」という響きや、 ノヴァーリスという音そのものの響きもあったかもしれないが、 とりわけ、その代表作である「青い花」という作名に憧れていた。 とはいえ、この作家の作品を読ん…

水を飲んだ後、そして布団に入る手前

僕は今日もお風呂上りにチョコレートを食べた。 蛇口から出るお水とともに。 会社では、お水に含まれてるという物質についての 話で持ちきりだった。 ある人はもともと備えていたきれいな水について話した。 ある人は西日本からの特別なルートできれいな水を…

治癒としての物語。父親として。

僕が欲しい物語はなんだろうって考えた時に、 「治癒」って言葉がまっさきに浮かびます。 あまりに久しぶりの日記で、何を書いてるのかっていうと、 僕が意識的に子供に分けてあげられるだろうことは、 物語を作ることではないかと、最近考えているから。 書…

無常ゆえに、無常

すべては無常である。 その考えにとらわれたのは小学生の頃だったと思う。 僕の寝室は、リビングの隣の部屋だったのだけれど、 電気の消えたリビングの闇は深く広く その暗闇を見つめながら 「見えていないということは、リビングは存在していないのかも知れ…

そしてソファに頭をつけて天井を眺める

子供はもうすぐ2歳になる 変化はとても大きく すべては望ましい変化のように思える かつての悩み事のあれこれを もはやリアルに思い出すことはできない 手触りは柔らかく 香りはほのかに甘く すべてすべてうまくいってきたような気がしてしまう そんなこと…

クシャミが出る

少し酔った 涼しい夜を歩きながら ふと、頭を揺らしてみれば どこまでも続いていくように見える川 そして橋 橋は 何百年も昔から ここにあり そしてあり続けるだろう何年も 何年も 何年も 一年ってやつはいっぺん行ったら帰ってくるような 気持ちにさせるけ…

真夜中前に

どこかにいる誰かのことをふと思い出す時 その人も僕のことを思い出しているんじゃないかと 思ってしまう。 高校生の時に、紫式部だかの講義の時に、夢に誰かが出てきたら その誰かの夢に自分が登場しているという話を聞いたからだろう 世界は、今日も一日新…

思い出軽井沢

今週は遅い夏季休暇となり、家族で軽井沢へ出かけた。 自宅から車で2時間程度で行ける場所のわりに、自然が多く、 綺麗な場所なので、今後もお付き合いは続いていくだろう。 旅行直前に図書館で借りた「パブロ・カザルスの芸術」(CD10枚組!) をかけてのド…

日常 そして 付け加える

何かを選ぶという作業には際限がなく より自分に合うものを、という気持ちはどこにでも現れる 乱雑な選び方の中から、いくつか予期しない素敵な物に出会うことも あったけれど、今は自分の傾向を考えて選び取る 物語、音楽、住居、行き先、話題 そして最近は…

マンションを買ってから、1ヶ月が経つ

自宅を購入するということに、僕はさほどの決意などなかった。 その場所が好ましく、あまり無理せずに買える金額だったから、買った。 状況は突然変わる。あまり重く考えることもなく。 東京に出てきたのは5年前だが、今のマンションはあれから5回の引越しの…

週末の結婚式に思うこといくつか

週末は友達の結婚式で福岡に帰省した。 帰省といっても、僕が18までを過ごした八幡と、それから22歳まで過ごした福岡と そのどちらかで意味はずいぶん変わってしまう。 今は実家が福岡県のまた違う場所にあるため、実家に帰ることにノスタルジーは 関連しな…

結果 意味 なし

時々 ページをめくりたくなる本がある。 最近ではミランクンデラの「不滅」のそこかしこに潜んでいる 圧倒的な表現というものを感じている。 自分の身の回りに置けるものや、かけられる時間が限りあるものだと気づくのが 今の僕のような年齢なのかもしれない…

日々にして

生きていく中で、人はずいぶんたくさんの物事を選んでゆく それはきっと生まれた瞬間から続いているのだろうけれど 大人になったと気づいた瞬間を少し超えた頃 僕は、物事を理性的に選ぶことしかできなくなった ここは、あそこへつながる道だから そんなこと…

モノローグの日々に思い返すダイアログ

引越しが近づいてきたので、部屋を少しずつ寂しくしている。 捨てるもの、連れてくもの、忘れちゃってたもの、 「もの」はあれこれ、時々僕にいつかのことを思い出させる。 過去を旅するのなら、誰かと一緒がいい。 確かにそう。誰かと話しながら、 「ああ、…

5年経ったからバイバイ

秋になると、とても気持ちが落ち着くのと同時に 忘れている何かを思い出しそうな、そんな時に感じる 不安や期待を感じてしまう。 どこかに行きたくなるのは、きっとこの季節。 そんなサイクルは、もうずっと変わらないのだろう。 僕は、引っ越すことになった…

最近思うことについて

最近ようやく涼しくなってきたことで、少しずつ僕の心は高揚してきている。 生活を少しずつ変えていることも、多少は影響しているのかもしれない。 テレビを見なくなったことは、僕の生活に大きく影響している。 ミヒャエルエンデの「モモ」に灰色の男と呼ば…