よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

いい文章ってどうやって書けばいい?分からないので聞きに行ってきました!

誰にも意図が伝わらない文章を書いていませんか? 

 

自分の書いたブログやFacebookの投稿を読み返して、ふと思うことがあります。

 

それは、

 

この文章の意図って何だったっけ?ということです。

 

文章を書く前には、何らかの意図があるはずなんです。

僕の場合、

誰かに自分の考えを聞いてもらいたい、

自分の気づき、驚きを共有したい、

自分の言葉で誰かを喜ばせたい、

そんな思いがまぜこぜになっている気がします。

 

そうした意図がありつつも、

曖昧なままにして深掘りせず、アウトラインも考えず文章を書いてしまった場合、

たいていは誰にも伝わらない文章になります。

 

そうした文章は目的地のない散歩のようなもので、読者が迷子になってしまいます。

迷い道を楽しめるのは、付き合い始めの恋人くらいでしょうか。

きっとたいていの読者にとっては、イライラするだけの文章になってしまいます。

 

僕は、狙った意図を読者に正確に伝えられるライターになりたいと思っています。

さらに言えば、書いた文章をストレスフリーで読んでもらいたいですし、

しかも面白いと思ってもらいたい。

 

ですから、目指す域に達するためには、まだまだ力不足だと自覚していました。

 

じゃあ、どうすればいいんだろうか。

 

とりあえずアウトプットするのは大切ですよね。

日々文章を書いて、感じる反省点はどんどん修正していきたい。 

 

だけど、それだけでは自己流の文章になってしまう心配がありますよね。

大切なのに、見落としているポイントが、きっとありますし。

こればかりは、自分で考えていても効率が悪い。

 

ということで、

プロの書き手の方に、話を聞きに行きました!

 

プロのライターに学ぶ「文章力講座」

 

文章の悩みを抱えていたタイミングで、良き学びの場に出会いました。

BizShip(ビジップ)株式会社さんが主催されている

「基礎から学ぶ文章力講座」という講座です。

 

「学生のうちから身につけておきたい文章力」をテーマとする講座ですが、

僕のような社会人にも、非常に役に立つ講座でした。

 

www.bizship.jp

 

 

講師は、佐藤智(さとう とも)さん。

ベネッセコーポレーションなどで編集者などとして勤務され、

その後ライターとして独立。

現在は株式会社レゾンクリエイトを設立し、「公立中高一貫校選び 後悔しないための20のチェックポイント」を自著として出版されています。

バリバリのプロのライターの方です。 

 

一緒に写真を撮ってもらえました。

f:id:yoshkob:20160822212235j:plain

 

 

文章講座で学んだこと

 

講座は、勝どきにあるメンバーズ株式会社の会議室で開催されました。

会議室というのが信じられないくらいのリラックス空間でした。

 

講座の様子はこんな感じです。

ソファでくつろぎながら。

f:id:yoshkob:20160822214019j:plain

 

 

文章力講座の内容そのものは、なかなかブログでお伝えすることが難しいので、

是非、直接聞いていただければと思いますが、

ポイントだけご紹介したいと思います。

 

あなたの文章、ポエムになっていませんか?

 

講座の冒頭に、こんな質問がありました。

 

あなたの文章は、読んでもらえていますか? 伝わっていますか? 印象に残っていますか?

 

 

この質問に対しては、なかなか自信を持って「イエス!」とは答えられません。

でも、佐藤さんは、

「どんな人でも、ポイントを押さえれば文章は書ける!」と断言します。

 

そして、こうしたポイントを押さえていない文章はポエムのようになってしまうとも。

 

……耳が痛くなりました。

 

20代前半の頃、一切誰にも向けていないブログを書き続けていたのですが、

あれって、本当にポエムだったな。と思い出しました。

恥ずかしながら、ちょっと当時のブログから引用してみます。

 

3月が終わる。
去年の今頃、僕は東京に来た。
今日、社宅に新人と思われる人を何人か見かけた。
時は、流れてしまったのだ。
確実に、見えないところで。
これではいけないと思い、
11時に寝るところを、少し遅らせようかと画策中。
6時半におきるところを、少し早くしようと画策中。
大学の頃は、夜中に本を読み、朝はしっかり御飯を作っていた。
サラダに、ホットサンドに、イチゴミルクと。
なんと毎朝イチゴと牛乳と氷と砂糖をミキサーにかけていたのだ。
余裕あんなあ・・
今は菓子パンとヨーグルトと紅茶。

川上弘美センセイの鞄」読み終えた。なんて、素敵な空気を持った文体なのだろう。
残酷さや、焦燥感もちらほらと、それでも暖かいものに包まれていて。
確かに時は流れる。
センセイとの日々のようにあわあわと僕の人生も流れていくのだろう。
どこへ?分からないけれど、固まりつつある理想に向けて生きていたい。
さもなくば死にたい。

次に読んでいるのはパウロ・コエーリョの「星の巡礼」だ。
スピリチュアル小説という広告文句は嫌いなのだが。。
パエーリョは好きだ。
今まで読んだのは「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」と「アルケミスト」。
キリスト教のテーマに従い進められるストーリーは、
よくある宗教物の胡散臭さやあつかましさもなく、自然に受け入れられるものだ。
人生に迷ったら読んでみな。夢とか、見たくなるよ。愛とか、欲しくなるよ。

 

いやー、恥ずかしい!読み返すと、カラダがムズムズしてしまう。

これでも、比較的恥ずかし度の低いものをセレクトしているのですが……

 

ポイントを押さえない文章の例としてご紹介しました。

若き日の痛々しさを思い返すには味わい深い文章ですけどね(笑)

 

 レクチャーの内容は大きく4つ

講師の佐藤さんは、編集の経験もあるライターの方ということで、

さすが、講座のポイントが分かりやすかったです。

 

レクチャーの構成は大きく4つに分かれています。

レクチャー1 「誰に何を伝えるか」を事前に決める

レクチャー2 「正しい(イライラさせない)文章」を書く

レクチャー3 「よい(うまいと思わせる)文章」を書く

レクチャー4 「心を動かす文章」を書く

 

 実は、このポイントを意識することが、大切なんです。

しかも、1から4の順番で考えていくことで、文章は自ずと変わってくるはずです。

 

このレクチャーのそれぞれについて、詳しい説明を聞くことができました。

文章のビフォー、アフターを比較していくことで、

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、文章が見違えるということを実感しました。

 

さらに、講座では、講師から説明を受けるばかりではありません。

合間合間にワークがあり、考えた結果を参加者でシェアしていくのですが、

人によって、まったく違う文章で、面白かったです。

文章って、本当に書く人の個性が出ますよね。

 

ここで大切なのは、

ポイントを踏まえて作った文章は、個性的でも伝わる。

ということだと思います。

逆に言えば、せっかく個性的な文章を作っても、

ポイントを外すと、伝わらなくなってしまいますからね、それはもったいない。 

 

この講座を受けて、僕は文章を書く上での地図を手に入れることができたと思います。

 

 

文章講座に行く大きなメリットは他にもある。

 実際に講座に参加するメリットは、講座が終わった後にもあります。

それは、参加者と講師を交えた交流会です!

 

参加者は学生の方や、同世代の方など、経歴も様々な方で、

ビールを飲み、ピザを食べながら、これからやりたいことなどについて、話しました。

 

この出会いがきっかけになって、仕事や人間関係に新たな展開が生まれそうなので、

ワクワクしています。

 

主催されていたビジップ株式会社さんが、僕の地元を拠点としているのも、

何かの縁を感じます。

 

ちなみに参加費は交流会費込みで、

大学生 は基本2,000円、早期申込で1,500円 

社会人 は基本5,000円、早期申込で4,000円でした。

 

講座が約3時間、さらに交流会が約2時間ですからね、安いと思います。

 

これからも、こうした講座がビジップ株式会社さんが起ち上げられた

私塾「地方創生大学」の取り組みとして開催されるようですので、

 

よい文章を書けるようになりたい方は、参加してみてはいかがでしょう?

 

次回は福岡開催です!

fukuoka-writing.peatix.com

 

chihososei-uni.peatix.com