よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

美味しい食事をするために、安全な調味料について学びました

ユニークな勉強会に参加しました。

テーマは

「近所のスーパーで実現できる気軽に安全な食を楽しむ食事会」

というもの。

 

フリー栄養士の梶川瞳恵さんを講師に、

安全な食を楽しむための調味料の選び方の講義を受け、

それから近所のスーパーで実際に調味料を選び、

安全な料理を作って、皆で食べるという流れでした。

 

めちゃくちゃ勉強になりました。しかも楽しかったし美味しかった。

で、今までの自分の食事が少し怖くもなりました。

 

学んだことをいくつか挙げます。 

 塩分の摂りすぎで高血圧にはならない

 食塩ではなく、天日の塩を選ぶ

 白砂糖で、イライラと眠気を繰り返す

 ジュースに含まれる砂糖の量がヤバい

 名前で原料のわからない油は摂らない

 油の容器がプラスチックだと危険

 マーガリンは危険

 味噌は冷蔵販売されているものを選ぶ

 醤油は「大豆、小麦、塩」を原料とするものを選

 

他にも、普段食べているものの中に、危険が色々と潜むことを知りました。

帰宅して調味料を見てみると、

てっきり大豆が原料だと思っていたうちの醤油の主な原料が「アミノ酸液」でした…

 

そういえば、白い砂糖がイライラと眠気を引き起こすと聞いて、ハッとしました。

僕、チョコ大好き人間なんです。

キットカットなんかの徳用袋は常にあって、食後とか、ブログ書く合間に食べてます。

家からチョコがなくなると、不安になるくらいです。

あまりイライラは感じないんですが、その代わりチョコを常に食べてる感じ。

それで、眠気をよく感じるんです。

職場ではさすがに眠らないですけど、休日の午後は長い昼寝をしてしまいます。

やることがたくさんあるのに眠ってしまうので、本当に後悔する。

そういえば息子たちも同じような感じで、イライラしたり眠ったりを繰り返している気がしますね。まずい。

 

講義の後は、会場の近くのスーパーでのレクチャーを受けました。

ここで感じたのは、値段も大きなヒントになるな、ということです。

安全な食材を使った調味料は、少し高めです。

やはり安い調味料というのは、自然な食材と同じような味を化学製品で補っているからこそ安い、という論理なんでしょう。

つまるところ、金を選ぶか、健康を選ぶか、という問題ですね。

僕は健康を選びたい。

 

スーパーから戻ると、料理タイムです。

料理のほとんどは、栄養士の梶川さんが作ってくださっていたので、

参加者は野菜を切るなどの、簡単なお手伝い。

僕はお味噌を溶かしました。

 

そうして出来上がった料理は、炊き込みご飯やキノコ汁など。

自然な食品をつかっていて、しかも美味しかったです。

キノコ汁も、だしの素を使わず、食材のキノコや野菜から滲み出るお味で十分。

添えられた、にんにく味噌や柚子味噌も、ご飯や野菜と合わせて食べると最高。

食後のデザートの豆乳プリンも、柿やリンゴのソースがかかっていて、幸せになれました。 

 

心から料理を美味しいと思うには、その食材を信頼できないとダメだなんでしょうね。

「これって、体に悪そうだけどな…」と思って食べると、本当によくない。

 

ということで、

食について全面的に見直します!

 

まずは近くのスーパーで買える、お手軽なものから改善していこうかなと。

表に出ている「無添加!」とか「オーガニック」という外面ワードに踊らされるんじゃなく、しっかり裏面の原材料表示も見て選んでいきたいところ。

 

でもきっと、近所のスーパーでいい調味料を探すより、健康的な食材を専門的に扱うお店で探す方が効率的なんでしょうね。お金の問題はありますけど、何千円違うわけじゃないですしね。このあたりもこれから、要研究ですな。

 

 

f:id:yoshkob:20161121102224j:plain

 

 

f:id:yoshkob:20161121102125j:plain

f:id:yoshkob:20161121102146j:plain

f:id:yoshkob:20161121103138j:plain