よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

10年以上ぶりに母校の周りをウロウロすると、泣けてくる

かなーり久しぶりに母校の西南学院大学に行ってみたんですよ。

たまたま知人の結婚式に出席する合間に立ち寄っただけでしたが、

懐かしさのあまり、つい長時間滞在してしまいました。

 

西南大って、たぶん九州以外ではあまり知られていないと思うんですけど、

女子が多く、お洒落な学生さんが集まる文化があって、最初は馴染めなかったんですが、

だんだんと楽しめるようになってきたんですよね。

恋愛絡みのコンプレックスの多くを解消できた気もしますし、

今はあそこの学生でいられたことに感謝しています。

 

で、なぜそんなに久しぶりに母校に立ち寄ったかというと、

単なる思いつきです。

ふだんは、福岡空港に降り立って、まず思うのは

「博多で時間をつぶすか、それとも天神か」ということなんですけどね。

 

地下鉄の出口を過ぎると、懐かしさに立ち尽くす

f:id:yoshkob:20170616115157j:image

まずは最寄駅の西新を出てからの風景です。

このフレッシュネスバーガーを見たとたん、立ち尽くしましたね、懐かしくて。

すっかり忘れてしまっていたんですが、ここ、大学受験の帰りに立ち寄ったんですよ。

友達がコーラとかコーヒーなんかを注文するのに、かっこつけてローズヒップティーを注文したら、やたら酸っぱかったのを覚えています。今ではローズヒップティーおいしく飲めるんですけどね。

ここではずいぶん大学時代にお茶した気がするなあ、いろんな人とお喋りしましたけど、

何を話したんだろうな… 

 

で、大学はここからすぐなんですけど、なんとなく雰囲気が変わってたんですよ。

かなり増築や改築されているようで、見違えるように洗練されていました。

f:id:yoshkob:20170616130803j:image

図書館もかなり広い!

ライターになる僕としては、「ここ使いたいな」と思いましたが、いかんせん自宅から遠すぎますね(飛行機で2時間)。大学の敷地も増えているようで、僕の頃はなかった食堂やコミュニティセンターなんかができていました。

f:id:yoshkob:20170616141628j:image

駐輪場は僕の頃と変わらず満員でしたね。

この駐輪場で盛大にドミノ倒しを起こした女子を助けたことを思い出しました。

で、こっちが助けたにもかかわらず、その女子に恋しそうになったんですよね…結局何の発展も見られませんでしたが。

f:id:yoshkob:20170616131001j:image

なぜかサザエさん銅像もできてました。

世田谷区か?

 

西南学院大学はキャンバス周りがすごかった

 

学生時代はあまり大学時代の奥まで行くことはなかったんですが、

実は大学からの徒歩圏内にいろんな施設があります。

まずはこちら。

f:id:yoshkob:20170616141114j:image

福岡市県立博物館です。

今でこそ博物館や美術館は好きですけど、登場はあまり利用しなかったですね。

「学生料金でいられるのは今のうちなんだぞ…!」と当時の自分を叱りたくなりました。

 

そして博物館の奥には福岡市総合図書館があります。

f:id:yoshkob:20170616141317j:image

 ここもかなーり広いです。

調べ物したり、ライティングするのに便利そうですね。

大学時代は時々使ってましたが、たいていは

ビデオブースでセックス・ピストルズのライブ映像を見てましたね。

シドビシャスが鼻血出してたな…

 

さらに図書館の裏に行くと、こんな感じです。

f:id:yoshkob:20170616141459j:image

 福岡タワー!

f:id:yoshkob:20170616141516j:image

 海!!

 このビーチで女子高生とビーチバレーをした記憶がフラッシュバックしたんですが、

どういう文脈でそうなったのか、その人が誰だったのか、ぜんぜん思い出せないという…気になる。

 

ここまですべて大学時代から徒歩10分程度の距離です。

すごい。いかにも充実したキャンパスライフというロケーションです。

 

かつての自分と再会する巡礼

 

大げさに言いましたけど、今回思いつきですでブラブラしたのは本当によかったです。

こうやって考えると、自分の大学時代が充実していたような気がするんですよね。

おそらく、鬱屈した気持ちもいろいろとあったんだと思いますけど、そんなことは13年の歳月の彼方に吹き飛んでますしね。

 

今となると、かえって当時のことが「青春の輝き」みたいに思えてきて、

いくらかの苦味も感じます。もはやあの日々は戻ってこないんだなあ…ってね。

でも、ここでめげちゃならねえ。

ここからが勝負だ、楽しいことはこれからさ、と思いながら、この地をあとにしようと思います。

 

それにしても、今、大学近くにある高級スーパーのカフェでお茶してるんですけどね。

登場は敷居が高くて入れなかったのに、いざ入ってみるとコーヒー1杯100円だったりするんですよ。

今ならもっと違う楽しみ方もありそうです。

また来ようっと。