よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

フリーランスの生活サイクルが自分に合いすぎて、やめられそうにない件

こんにちは、よしこばです。

フリーになるときに、
「生活が不規則になるんだろうなあ…」というイメージがあったんですよね。
昔読んだマンガの影響なのか、締め切りに追われて何日も徹夜しているような。

でも、そんなことはまったくありませんでしたね。

というのも取材があったとしても平日の日中ですし、
ライティングも、今のところ睡眠を削るまでの状況ではないんですよね。
冷静に考えると公務員時代よりも健康的な生活をしています

これは、まだそれほど仕事が来ていないということでもあるんですけど、
多分僕が、「生活リズムを整えることで精神が安定する」タイプだからなんだと思います。

で、ここ3ヶ月ほどで確立された平日の過ごし方を紹介します。
取材で出かける日は違いますが、たいていこんな感じの毎日です。

5時30分 起床
〜6時30分 読書、ストレッチ、日記(昨日の振り返り)
〜7時30分 朝食、洗面、子どもに「いってらっしゃい」を言ったら仕事スタート
〜11時頃 仕事
〜12時頃 WiiFitで運動(1日おきに筋トレと有酸素運動を交互に)
〜13時頃 妻と昼食、昼寝
〜15時頃 仕事、子どもが帰ってきたら少し相手する
〜18時頃 仕事
〜19時頃 夕食、お風呂
〜20時頃 子どもと遊ぶ(たまに仕事)
〜21時頃 読書か勉強
〜22時頃 プライベートな物書き、眠る

我ながら、とりたてて面白くもないタイムスケジュール(笑)。
ただ、フリーになってから、家族と過ごす時間はかなり増えましたね。
妻が用事のときは僕が子どもの世話をしたりも、柔軟にできるようになりました。

それだけではなく、今までよりも運動したり、読書したり、
いい時間の使い方ができている気がします。

仕事についても、集中できる時間を意識するようになりました。
僕の場合、午前中がチャンスなんですよね。
感覚としては、1日の8割くらいの仕事は午前中にやっている気がします。
午後はイマイチ…。とくに15時からはあまり進みません。
ですから、この時間帯に粗く書いたものを、翌日の早い時間に仕上げるパターンが定着してきました。
達成感を早くに感じられるので、精神衛生上もいい感じです。
意外と、フリーの生活スタイルが合っているみたいですね。

数ヶ月前、公務員だった頃の生活を思うと、通勤電車がやはり辛かった。
会社に行くこと自体は、いろんなメリットがあるんですけど、
朝夕の電車がないだけで、こんなにストレスがなくなるとは思っていませんでした。

もう戻れないなあ…と思っています。
万が一、また就職する必然性が出たとしても、
自宅から徒歩圏内で探すと思います。