よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

古いPCのHDDをSSDに変えたら、爆速になりました。コスパ高し。

こんにちは、よしこばです。

仕事を早めるためのマインドとか、手法は色々ありますが、何より手っ取り早いのが「ツールをよくする」ことでしょう。今回は、劇的に改善した僕のPC環境について記事にしました。

5年前に買ったWindowsPCがやたら遅くてイライラする

普段の仕事はもっぱらiPad Proだけで完結しているのですが、ときどき大型ディスプレイでライティングすることもあり、そのときは5年前くらいに買ったWindowsのPC(ASUS)を使っています。

ただ、ここ最近、PC使うのが非常に憂鬱でした…。というのも、かなり動作が遅いんですよ。

無駄な常駐ソフトを消したり、デフラグしたりと、いろいろスピードを早くするための工夫はしたんですが、結局あまり変わらず。外出用に買ったiPad Proが爆速なので、PCの遅さをより感じていたのかもしれません。

なので、思い切ってiMacあたりを買ってやろうか、と思ったんですが、最低15万円くらいかかるので、これはちょっと厳しいな、と。しかも、今使っている外部ディスプレイとか、キーボードのように、何の問題もないパーツもあるので、結局iMac購入は見送り。WindowsからMacへの移行も面倒ですからね。

そこで、現在のPCのことを改めて考えてみました。僕がPCに最低限求める要素は以下のとおり。

  1. 処理の速さ
  2. 必要なソフトウェアを使える
  3. キーボードなどの付属品がある
  4. 必要に応じて持ち運べる
  5. 大型ディスプレイに接続できる

こんな感じかな。
で、今問題になっているのは、1の「処理の速さ」だけなんです。
あとはWindows10だし、COREi5だし、ハードの容量も余りまくっているし問題なし。

そこで自分のPCの機種(ASUSのX202E)を使っている人は、どうしているのかなと思ってググってみたところ、こんな記事を発見しました。

価格.comマガジン ASUS「VivoBook X202E」のストレージをHDDからSSDに換装してみた

これって常識なのかな?HDDをSSDに換えるだけで、スピードが爆速になる

昔(といっても数年前ですが)、PCを早くするにはメモリの増設が有効という話があって、やってみたんですが、そのときは、期待したほどスピードの変化を感じられなかったんですよね。

さきほどの記事で紹介されていたのは、メモリの増設ではなく、HDD(ハードディスクドライブ)をSSDというものに換えるというもの。これでスピードが上がるらしい。しかも自分で作業できるよう。

ということで、注文してみましたよ。
記事でも紹介されていたSamsungのSSDです。約1万円。
PCを買い換えるのと比べると、安いものです。

なお、僕もミスしたのですが、SSDだけでなく、PCと接続するためのケーブルも必要です。

SSDへの換装成功!古いPCが圧倒的な進化を遂げた

SSDに換えるのは、意外と簡単でした。
購入したSSDメモリの説明書はかなりシンプルだったので、こちらのサイトを見ながら進めました。

一番手間取ったのは、裏蓋を外すときですね。小型ナイフでやって、勢いあまり小指を少し切ってしまいました…。

データの移行は簡単。

  1. 付属ソフトを接続して、ソフトウェアをインストールする
  2. ケーブルでSSDを接続する(自動的にデータが移行される)
  3. シャットダウンして、裏蓋を外し、HDDとSSDを入れ替える

これだけの手順です。立ち上げてみると、デスクトップの配置など、すべてが入れ替え前のままでした。
変わっていたのはそのスピード。
これは本当に期待以上でしたねー。
クリックすると、すぐにプログラムが立ち上がるんですよ。
ワードファイルを編集していて、途中で止まるなんてこともありません。

もっと早くやっておけばよかったです。
これで、仕事のスピードは3割増くらいになったんじゃないかな。