よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

この文章は特定の友人に宛てたものである

先日相談を聞いた友人から結果報告があった。
アクションを起こせなかったようだ。
ふむ。よくあることだ。
散々イメトレ妄想を繰り返せども、なかなかね・・
たとえば、愛しい人の言葉一つ、表情ひとつに崩されたり。
とたんに詰まってしまって、再度アクションを起こそうとしてもうまくいかず。
しまいにはこのままでもいいやなんて思ったり、
その日別れてほっとしてみたり。

しかし、最大限の共感を抱えつつ、
そして、おそらく同じ状況になったら僕も同じことをしてしまうだろうと思いつつ。
言わせてもらおう。
立ち上がれ!!
ラヴには、傷付くだけの価値がある。
それだけ感情を揺さぶる人間がこの世にいないと思うなら、
離してはいけないだろう。
人間消えるときはあっさり消えるんだよ。
それを、離したくないなんて無理言うんだから、
かっこ悪くても頑張んなきゃ。

その友人は、彼女や、共通の友人と気まずくなることを恐れている。
デメリット1:彼女
デメリット2:友人

デメリット1も2も自分しだいだと、僕は思う。
俺は、好きになった女と気まずくなったりあまりしない。
それはそれで、問題ではあるのだけれど。
ちなみにデメリット2はとりあえず無視だ。
友情と愛情のどちらかを選ばなきゃいけないことはない。
どっちもとればいいんだ。
3人でいる時間があとどれくらいあるってんだい。
気まずさなんてのは、自分が気まずく感じるから、
相手にも気まずい思いをさせているのかなと疑心暗鬼になって、
あげくのはてにもっと気まずくなるという悪循環。
大丈夫、そんなことにはならんのです。
笑って、「元気?」て聞いたらいい。それだけで元通りさ。
ただし、すねてちゃ向こうは去ってゆくよ。

恋も、自分の中だけで処理してたらただの自己愛に他ならなくなる。
恋愛は、関係だ。彼女とどうありたいか。
彼女の話を良く聞いてあげたらいい。
君だけに話してくれる、それはなかなか幸せなことだよ。
昔の恋の話を聞いて絶望するよりも、
なぜその恋が終わってしまったのかを考えて、
その穴を君が埋めてやればいい。
抱きしめてやればいい。

人のことならこんなに言えるのだけれど。
実は僕はだめなのです。
ちょっと、いいなって思ってる人がいる。
その人を、友人のTが誘ったと聞いて、少し焦っている。
Tは、決めるところは決める男だ。
最初の間口は狭いが(あまり自分から動かない。)
いざとなれば決める。
僕は間口はやたら広いが(割とあっさり出会える。)
決めたためしがない。
そんなわけで、どうしたもんかなと。

まあ、渡すつもりはないけどねえ。
嫉妬は恋愛に拍車をかける。
Tのことよりも片思い中の人がいるらしいので、まずは話を聞かねば。