よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

構造�W (寺院と天国の構造)

ミュージカル・フロム・カオス
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
Pヴァイン・レコード

このアイテムの詳細を見る

DATECOURSEPENTAGONROYALGARDENのアルバム「MUSICALFROMCHAOS2CD」の4曲目である。
昨日の、空気は、この音楽に覆われていたようだった。
天国を思わせる晴天であった。
どこか静謐な気分にさせる。
昨日の朝は、Iからのメールで始まった。
なぜか一日に一回しか来ないIからのメールである。
「ピンクのバラって赤よりも香りがいいね」
という言葉に、瞬間自分の部屋の中がバラの香りで満たされたような気になって、
一瞬だけどIと繋がっている気がして幸福感に満たされた。

風で揺れるカーテン、部屋に差し込む光、
リリイの映像、エンドロール、
<<傷が無いのにイタイイタイ>>
リリイシュシュの歌声(それは所謂エーテルに満たされた歌)、
バラの香り。
DVDが終わって後、しばらくは「構造�W」に浸かっていた。
天国。

しかしそんな幸福感も長くは持たなかった。

メールの返事が来ないのだ。
いつものことだが、Iとは一日一往復しかメールしない。
僕はすぐに返事をするけど、Iからの返事は翌日なのだ。
何だか怖くて、好きな人に限らず、返事が無いのに改めて連絡できず、
この性格のせいで、多くの友人・知り合いを失っている気もするが・・
待つのだ。僕は、飽きもせず。
<<安らぎと永遠の場所>>
<<それがエーテル>>
それで、淋しいので、男友達に連絡したら、
同じように暇しているらしく、
3人でカラオケへ行くことになった。
恋してる僕。
恋を失ったH。
恋できないT。
各々さまざまな思いを抱えながら、
僕はモヤモヤと寂しさを紛らわせるがために、
歌いましたよ。3時間。
初めての曲ばかり、好きな曲ばかり歌った。
スピッツマイラバ東京事変、ラブサイケデリコ・・
歌って疲れて、御飯を食べて解散。

Hが最初に帰り、少しだけTと歩いた。
「彼女作らないの?」と聞いたら、
「まだ遊びたいからね。」と言っていた。
遊びとは何のことだ・・
僕は好きな人と付き合えたらほかはいいな。

帰って、疲れていたので寝ようとしたら、
隣人が尋ねてきた。
恋に迷える子羊(重症)
<<デモワタシニハニハミミガナイ>>
<<いつも部屋でひざを抱えていた>>
<<気が付いたらそうなっていた>>

マンゴーのフレーバーティーとチョコレートを振舞いつつ、
連日にわたってお届けされる恋のお悩み相談室。
同じような会話がループ。
その場その場で話を合わせていたら
「適当やなあ・・」と言われました。
「諦めようかな・・」「もう好きじゃないなら次行ってもいいんじゃない?」
「でもやっぱ好きなんやて」「だったら頑張ってもいいんじゃない?」
という会話を何回転もしていたからだ。
好きにするしかねえんだよ、恋愛は。
隣人は僕より3つも年上なのだが、
そうゆう雰囲気がない。
いやあるいは、そんなものなのかもしれない。
誰も芯まで大人な人などいないのだ。

でも、この恋がうまくいったら少しは変われるような気もする。
本気の恋愛は人を変える。
怖いけどね、人は変化を恐れる。

今日は何しようかな、休みが終わるー!!ち。
安定したい。、精神的に安定したい。
<<滅亡したんですよ>>
<<みんな!オレのことみつけてくれ!>>
<<エーテルが世界を満たしている>>
<<そこに白いグライダーを飛ばす。>>
<<みんなきらい>>
<<ありがとう。>>