よしこばブログ

13年間の国税局勤務を経て転身した、フリーライター小林の日常

愛の実験で 笑っているの?

連休最終日。
少しずつたまってきていたと思われる不安が、
表にはっきりと顔を現してきたのは昨日の朝だったか。
どうも、鬱がはっきりとのしかかってきて、どうにもまずかった。
Iからのメールの返事が無い。
それも理由のひとつなのだと思うが、
それだけではない何か(何か分かれば対処のしようもあるが)
が心を埋めていた。

昨日は、Yさんと夕食の約束をしていた。
彼女と会うのは2回目だ。
僕は、人と会う以上必ず楽しみたいし、楽しませたい。
ましてこちらから誘った場合なら特に。
人と会ってるのに「だるい・・」とか「人見知りで・・」と
言うのは怠慢だと思うのです。
だから、このままの精神ではまずいと思い、待ち合わせの恵比寿に早めに行った。
しばらくぶらついていれば多少心も晴れるかと思ったからだ。

しかし晴れない。ぶらぶらして代官山に迷い込んだりした。
いつもなら知らない場所に出るとわくわくするのだが、
無理だった。
そこで、最終手段。
頭の中で・・
唱えた。
「すべてはうまくいく」
いやーこんな馬鹿らしい言葉を吐くのは本当に最終手段なので、
われながらおかしくなった。

で、6時。合流。
ガーデンプレイスのイタリアンのお店に入った。

そこからは、話しまくったね。
うん。やはり話せる人と話すことは重要だ。
気分が晴れる。
笑うことが大切。
誰とでも話せるというイメージをもたれがちであるが、
心から楽しめる人はそう多くはない。
ので、貴重なのだ。

話していたことはほとんどお互いの恋愛事情で、
どうにも前向きではない二人は、
「次探そう!」とか
「あいのりでよう!」とか
どうにも現実を無視して無理やり前向きなことを言ってはみるのだが、
「いやしかし・・」という何だかな状態に落ち着くのであった。

あいのりに出てみたらという想像はたまにしてみるのだが、
結局今のパターンを繰り返しそうで、
しかもそれを放送されるのだから、やっぱり無理・・かな。

憂鬱が、完全に晴れたわけではない。
明日から仕事だし、Iから連絡ないし。
さきほどアマゾンからリリイシュシュのアルバムと小説が届いたので、
読むつもり。
更なる憂鬱に悩まされること承知で。

あなたに会う喜び あなたに会う切なさより苦しいのは
   まだ私の心の中に 空虚な石が潜むから